乾燥肌・敏感肌はアルティミューンを使って大丈夫?

新しい化粧品を選ぶのは楽しみも大きいですが、不安も有ります。せっかく選んだ新しい化粧品で、お肌の状態を逆に悪くしてしまったり、効果を全然感じられなかったりしては、気分も落ち込んでしまいます。

 

特に、高額な化粧品の場合は尚更ショックが大きいですよね。乾燥肌・敏感肌の方は化粧品に対して、刺激を感じることが多いと言われています。今回は、乾燥肌・敏感肌の方がアルティミューンを使用できるかどうかを検証していきます。

 

敏感肌は刺激に弱い

『敏感肌』とは、外部刺激に対して敏感に反応してしまう肌質のことを言います。
『乾燥肌』とは、その名の通り、乾燥しやすい肌質のことを言います。

 

現代は、多くの女性が自分の肌質について、「敏感肌である」と感じているようです。しかし、実際は乾燥によってお肌のバリア機能が低下したために、過度に敏感な状態になってしまっているパターンも多く見られます

 

現在はさまざまなスキンケア方法や、化粧品が存在します。
ネットの誤った情報を信じてしまったり、自己流のスキンケアを行ってしまったりして、お肌にダメージを与えてしまうと乾燥肌になってしまいます。

 

乾燥したお肌はダメージを受けやすくなります。すると、まるで敏感肌のように外部刺激に反応するようになってしまうのです。その場合、スキンケアや生活習慣を見直し、適切な化粧品を使うことで、健全な状態のお肌に戻ることが出来ます。本当に生まれつき敏感肌を持つ人は、本来かなり少ないと言われています。

 

アルティミューンの成分には

アルティミューンは心地よい香りとお肌馴染みに定評が有る美容液です。美容液を手にした途端、グリーンフローラル系の爽やかな香りが広がるアルティミューンはリラクゼーション効果も抜群です。

 

良い香りは、スキンケアでリフレッシュするために欠かせない要素です。

 

しかし、その一方、香りの源である香料は、敏感肌の人には刺激に感じられてしまう成分でも有ります。他にも、香料、防腐剤、アルコール、着色料、鉱物油、界面活性剤などは配合量など配合の仕方によってはお肌に刺激を与え得る要因となりやすく、注意が必要な分です。

 

アルティミューンはアルコールも配合しております。
しかし、香料やアルコーを配合する化粧品が全てお肌に有害な訳ではありません。ただ、少し刺激を感じやすい傾向が有るので、化粧品の使い始めは注意しながら様子をみてみましょう。

 

一度使って見る

刺激に弱い敏感肌の方は、アルティミューンを使い始める前に自分のお肌に合うかどうか確認した方が良いかもしれません。店舗で言えば、サンプルを貰えます。

 

サンプルは、直接お顔に使ってみても良いでしょう。
ひどい敏感肌でお肌に合わなかった時の反応が心配な方もいると思います。

 

そのような方は、腕の内側にアルティミューンを塗布し、48時間後のお肌の状況を確認しましょう。赤みや湿疹が出るようであれば、アルティミューンはあなたのお肌に合わないという事です。お肌に何も反応が出なければ、お顔にも使ってみましょう。

 

敏感肌のトライアルもあり

もともと敏感肌用に作られた化粧品を使うのも1つの賢い方法です。
資生堂のdプログラムは、敏感なお肌に優しい低刺激設計で作られた化粧品です。

 

 

厳選された成分を使用されていることはもちろん、無香料、アルコール無添加、パラベン無添加、クリーン製法にこだわっています。敏感肌の愛用者が多い商品です。

 

いつも敏感なお肌という訳では無いけれど、生理前や体調不良などの影響で、時々お肌が敏感になってしまう。そんなときどき敏感肌の方でも安心してお使い頂けるラインナップです。

 

敏感なお肌にもしっかり潤いと有効成分を届けることで、お肌を守りながら美肌を育てていけます。ただ今、web限定でdプログラムバイタルアクトセットWRというお得なトライアルセットがご用意されています。税込1,836円で1週間分のdプログラムをお試し頂けます。

まとめ

乾燥肌の私はアルティミューンを問題なく使えました。
かなり敏感なお肌でない限りはアルティミューンを使って頂けると思います。

 

しかし、刺激に対するお肌の敏感さ、そして何に対してお肌が刺激を感じるかは人によって異なります。「誰かが使用出来たから、必ず自分も大丈夫」という訳では有りません。

 

お肌が刺激によって一度炎症を起こしてしまうと、治すまでには時間がかかります。安全にアルティミューンを使って頂くために、事前に店舗でサンプルを貰ってみることがオススメです。特に、化粧品でよく刺激を感じてしまう方は念には念を入れて、サンプルやトライアル、パッチテストなどの事前対策を怠らないようにしましょう。